梅ヶ島温泉について

静岡、温泉、濃い温泉。梅ヶ島温泉です。



梅ヶ島は、日本最深の駿河湾に注ぐ急流で知られる安倍川の最上流域にあり、北は安倍峠を越えて山梨県に至り、旧大河内村、玉川村などと南に接して、静岡市の中心市街地から約50kmの道のりにある南アルプスの麓です。昭和44年1月1日、静岡市に編入されるまでは、人口わずか1,385人という静岡県安倍郡梅ヶ島村でした。

静岡市は南北に極端に長いため、北部にはここ梅ヶ島と、川越えで有名な大井川の最上流域となる旧井川村があります。

林業の盛んな大井川流域とは異なり、梅ヶ島は古くから金鉱山とここ梅ヶ島温泉で栄えてきました。徳川家康公が大御所政治を執り行っていたことで、駿府(駿河国府中=現在の静岡市中心部)が事実上の日本の首都として機能していたころにも、梅ヶ島の金山からは大量の金が採掘され、江戸時代の金の代表ともいわれる慶長小判、大判などが鋳造されていました。

梅ヶ島温泉の歴史は、大正2年(西暦1913年)に編集された『安倍郡梅ヶ島村誌』にこんな記述があります。

口碑 徃古仙人の林間分け入りしにより発見せられたりといいその後応神天皇の御待黄金湯の名称を賜りしという。
【現代語】 言い伝えによれば、太古の時代に仙人が山に分け入って発見したといい、その後、応神天皇のころに「黄金湯」の名称を賜ったという。

応神天皇といえば、仁徳天皇陵の次に大きな前方後円墳「応神天皇陵」に埋葬されているという、「歴史上実在が確認される最初の天皇」といわれ、「八幡さま」として、全国の八幡宮の神さまでもあります。時代は4世紀ごろといわれますので、梅ヶ島温泉は1700年ぐらい前から知られていたということになります。

梅ヶ島温泉は、ほとんど手付かずの山々が四季を彩る別天地であり、安倍奥の秘境ともいわれます。そこに旅館や民宿が身を寄せ合うように立ち並ぶ様は、訪れる人々には奇跡のように映ることでしょう。

急峻な山々に囲まれた安倍奥の秘境、梅ヶ島温泉


東海道新幹線・東海道本線の静岡駅から バスで1時間45分ぐらい

新東名高速道路 新静岡インターチェンジから 車で50分ぐらい

東名高速道路 静岡インターチェンジから 車で1時間20分ぐらい
東名高速道路 清水インターチェンジから 車で1時間20分ぐらい


_