梅ヶ島温泉の公式サイトへようこそ。

 「梅ヶ島温泉郷」を代表する梅ヶ島温泉は、古墳時代の応神天皇(3世紀〜4世紀)にもその存在が知られていたという、1700年の歴史ある静岡の温泉です。
 静岡市を流れる安倍川の源流域、標高約1000メートル、東海道新幹線・在来線の静岡駅から道のりにして45キロメートルの梅ヶ島の最奥に、12軒の旅館・民宿などが集まり温泉街を営んでいます。
 「濃い温泉」と呼ばれるのは、山々に囲まれた秘境の地で、どこよりも濃い温泉体験ができる温泉地であるということで、梅ヶ島温泉を訪れるお客様から度々いただくご感想でもあります。

「梅ヶ島温泉郷」の中の「梅ヶ島温泉」とは?

梅ヶ島温泉郷マップ
環境省により国民保養温泉地に指定された「梅ヶ島温泉郷」には、4つの温泉地が含まれ、それぞれに歴史や源泉が異なります。

梅ヶ島温泉 =当サイト

【泉質】アルカリ単純硫黄泉
【標高】約950m
【静岡駅から】約45km
梅薫楼(温泉ホテル)
梅の家(温泉旅館)
さつき苑(温泉旅館)
湯元屋(日帰り温泉と食事処)
清香旅館(温泉旅館)
泉屋旅館(温泉旅館)
いちかわ(温泉旅館)
湯の島館(温泉旅館)
力休(温泉民宿)
よしとみ荘(温泉旅館)
湯の華(温泉民宿)
さかや(予約制日帰り温泉)

梅ヶ島新田温泉

【泉質】ナトリウム炭酸水素塩泉
【標高】約750m
【静岡駅から】約42km
黄金の湯(日帰り温泉と食事処)
ペンションくさぎ里(温泉民宿)

梅ヶ島金山温泉

【泉質】ナトリウム炭酸水素塩泉
【標高】約750m
【静岡駅から】約42km
金山温泉(温泉浴場とログハウス)

梅ヶ島コンヤ温泉

【泉質】アルカリ単純硫黄泉
【標高】約600m
【静岡駅から】約39km
大野木荘(温泉民宿)
志むら(温泉民宿)
こんや銘酒館(温泉民宿)

2019年2月22日金曜日

湯滝の温泉成分

静岡市の秘境の温泉、濃い温泉の梅ヶ島温泉です。


おゆのふるさと公園の脇を流れている「温泉湯滝」ですが、このところ温泉成分が増えているらしく、岩の白くなったところがとても目立つようになってきています。

この滝の沢に入るのは危険なので、触ってみたり匂いを嗅いだりはできませんが、この山の全体が梅ヶ島温泉の源泉だということを改めてはっきりと知らされます。
記事のカテゴリー

2019年2月21日木曜日

安倍川の河口は今…

静岡市の秘境の温泉、濃い温泉の梅ヶ島温泉です。


静岡市を流れる安倍川最上流の梅ヶ島温泉ですが、きょうはその安倍川の河口に行ってみました。

最近は水が少なくて「瀬切れ」が起きていることや、安倍川の伏流水を利用している(日本一おいしいという)静岡市の水道水も節水が呼びかけられるほどになっています。

そして河口は…?

写真がその河口です。
川(右側)と海(左側)が土砂でさえぎられ、河口が…ありません。

「駿河湾に注ぐ」はずの安倍川が、注いでいないというわけです。
河原の左岸と右岸がつながってしまっていて、橋がなくても歩いて向こう岸に行けるんですよ。

川側には水が溜まっていて、湖のようになっていますので、景色としてはこれもなかなかというべきなのかもしれませんが、雨が少ないですね。一昨日は少しまとまった雨が降り、暖かくて春一番かと思われましたが、まだまだ全然少ないということですね。

2019年2月19日火曜日

大河内橋付近の通行規制情報

静岡市の秘境の温泉、濃い温泉の梅ヶ島温泉です。

県道29号線「梅ヶ島街道」(安倍街道)の通行規制についてのお知らせです。

渡(渡村)で新しい大河内橋の建設工事が続いていますが、現在の橋の下流側で通行規制があります。

夜間午後9:00から時間帯通行止め
期間:2019年2月18日(月)〜22日(金)

静岡市街地から夜間に牛妻方面から梅ヶ島に向かって来られる時に、工事の警備の方が車を止めるということも行われていますので、ご注意ください。

詳しくは 054-221-1227 へ電話でお問い合わせください。

2019年2月12日火曜日

湯之神社の裏

静岡市の秘境の温泉、濃い温泉の梅ヶ島温泉です。


梅ヶ島温泉の湯之神社の裏で工事中です。ロープを乗り越えたりしないようにご注意くださいね。

2019年2月9日土曜日

冷えてきました〜。

静岡市の秘境の温泉、濃い温泉の梅ヶ島温泉です。

今現在は、積もるほどではなく、ほんの少し、雪が降り始めた感じです。
東京でも積もっているといいますが、梅ヶ島温泉、これからどうでしょう・・・。
あんまり降らないでほしいですが、雪の温泉街も風情があっていいなあ! というご感想をいただきます。

雪が降らなくても、気温が下がってきていますので、路面凍結には十分ご注意くださいね。

2019年2月3日日曜日

野生のカモシカくんが人になつく?

静岡市の秘境の温泉、濃い温泉の梅ヶ島温泉です。


近くの高い山々に雪が積もった昨日のことですが、民宿湯の華とよしとみ荘の近くにもよくやってくるカモシカくんですが、こんなに近づいても逃げることもなく、触っても触り放題だったそうですよ!

そのうち大勢で山から降りて来たりするんでしょうか? 畑の作物は食べないでよ。

2019年2月2日土曜日

梅ヶ島春祭りのお知らせ

静岡市の秘境の温泉、濃い温泉の梅ヶ島温泉です。

4月14日(日)
梅ヶ島桜園(コンヤ温泉の南側県道西側)で
「春まつり」が開催されます。

◎搗きたて! 餅サービス
◎夜桜乱舞
◎梅ヶ島地場産品販売
◎夜桜ライトアップ(雨天中止)
(4月8日〜14日/18:00〜21:00)

例年ですと市街地で桜が散ったころ、梅ヶ島は桜が満開になりますよ。
山桜も楽しめます!

2019年2月1日金曜日

梅ヶ島梅まつりのお知らせ

静岡市の秘境の温泉、濃い温泉の梅ヶ島温泉です。

今年の梅まつりは3月17日(日曜日)です。
場所:大野木(コンヤ温泉) 梅ヶ島婦人会梅園
時間:朝9時開園
雨天決行/荒天中止

【催し物】
◎和太鼓奏者 和乃音 結
◎梅干しの種飛ばし大会
◎焼き梅茶
◎梅コロッケ
◎德川 vs 武田 合戦鍋
◎梅ヶ島地場産品
◎手作りおもちゃ
◎梅ヶ島吹奏楽団の演奏

【無料サービス】
◎本山茶
◎搗きたての梅もち

2019年1月31日木曜日

今夜は雪になりそうです。

静岡市の秘境の温泉、濃い温泉の梅ヶ島温泉です。 天気予報によると、今夜遅くにかけて静岡県の山間部でも雪が降りそうだということです。 明日2月1日の朝には止んでいそうだとのことですが、早朝から道路の除雪が終わるまでは、普通タイヤでは走行できないかもしれません。 除雪は通常朝のうちに終わることが多いですが、雪の範囲が下の方まで広範だった場合は遅れることもあります。ご注意ください。

2019年1月23日水曜日

お天気の良い日が続きます。

静岡市の秘境の温泉、濃い温泉の梅ヶ島温泉です。


先日、日曜日に雪が少しだけ降りました。咲き始めた梅の花に積もったところです。

また晴れの日が続いていて、比較的暖かです。道路は普通タイヤでもだいじょうぶですが、一部、日陰で凍結するところもあるかもしれませんので、スピードを出しすぎないよう、安全運転でおいでください。

2019年1月22日火曜日

梅が少しずつ咲き始めています

静岡市の秘境の温泉、濃い温泉の梅ヶ島温泉です。



コンヤ温泉のある大野木地区にある梅ヶ島婦人会梅園です。

まだ1月ですが、もう少しずつ咲き始めています。

このまま一気に春になってくれたらいいな〜と期待するのは甘いでしょうか? この冬はまだ雪が積もらないので、まだこれから寒くなるかもしれませんね?

2019年1月21日月曜日

安倍の大滝2019年1月(その4)

静岡市の秘境の温泉、濃い温泉の梅ヶ島温泉です。




沢を渡るところには、橋がついていて、安心して渡ることができますが、一部、橋のないところもあります。

今回は水が少ないタイミングでしたから、楽に渡ることができましたが、橋のない小さな沢でも水がそこそこに流れていることもありますので、気をつけて渡ってくださいね。



安倍の大滝が見えました。ここまで来たらもうすぐそこです。


着きました!


今年は1月も下旬だというのに、まだあまり氷がありません。
滝の両脇が少し氷っているかな、という程度でした。
今年はまだ雪も積もっていません。

雪が積もっている時ですと、遊歩道の路面が凍結していることもあります。
特に坂になっている箇所などは危険です。

氷った路面を踏んで転倒したり、転落したりしないよう、十分に注意してください。

もし氷っていて危険だなと感じたら、いさぎよく引き返してください。
記事のカテゴリー ,

2019年1月20日日曜日

安倍の大滝2019年1月(その3)

静岡市の秘境の温泉、濃い温泉の梅ヶ島温泉です。


安倍の大滝遊歩道(ハイキングコース)の入り口となる橋です。
普通の吊橋よりもがっしりとできているので、ほとんど揺れません。


次の橋が普通の吊橋で、この吊橋を渡ると、急な登り道が続きます。


登り口のあたりには、杖になる木の棒が置いてありますので、気に入ったものを使うことができます。




急勾配を登りきれば、あとは大体こんな感じで、きつくないゆるやかな道が続きます。

安倍の大滝までの片道1.2kmを45分から50分ぐらいかけて歩いて行きます。
記事のカテゴリー ,

2019年1月19日土曜日

安倍の大滝2019年1月(その2)

静岡市の秘境の温泉、濃い温泉の梅ヶ島温泉です。




昨日に引き続き、安倍の大滝のご案内です。

安倍の大滝は、梅ヶ島温泉の温泉街から遊歩道(安倍の大滝ハイキングコース)で片道1.2km。所要時間は片道45分ぐらいです。

安倍の大滝は日本の滝百選にも選ばれていて、ここ静岡県では、この安倍の大滝の他に、白糸の滝(世界文化遺産富士山)と浄蓮の滝(伊豆)を加えて3つの滝が選ばれています。

安倍の大滝への遊歩道の入り口は、梅ヶ島温泉の民宿湯の華、旅館よしとみ荘のあるバス停「安倍の大滝入り口」のあたりにあります。

梅ヶ島温泉街のバス停は、静岡駅側から来て「安倍の大滝入り口」、「梅ヶ島温泉入り口」、そして終点「梅ヶ島温泉」の3つですが、各バス停間は徒歩で5分程度と近いので、お車で来られた際には、梅ヶ島温泉の公共駐車場(「梅ヶ島温泉入り口」バス停と「梅ヶ島温泉」バス停の間、川沿いをちょっと上ったところ)に車を駐めても行くことができます。
記事のカテゴリー ,

2019年1月18日金曜日

安倍の大滝2019年1月(その1)

静岡市の秘境の温泉、濃い温泉の梅ヶ島温泉です。


冬の間は両脇が氷ってくる安倍の大滝ですが、これはきょうの様子です。

遊歩道の路面にも凍結したところはなく、とても歩きやすい中を行ってきました。

このところ、雨も少なく、この冬は雪も積もっていません。きょうの梅ヶ島温泉街の気温は、正午ごろで5度ぐらいだったでしょうか。

安倍の大滝は、水量が少ないため、飛沫に濡れることもなく、また、滝の両脇の氷もまだほんの少しというところでした。

明日も、安倍の大滝遊歩道のことなど、ご案内する予定です。
記事のカテゴリー ,