梅ヶ島温泉の公式サイトへようこそ。

 「梅ヶ島温泉郷」を代表する梅ヶ島温泉は、古墳時代の応神天皇(3世紀〜4世紀)にもその存在が知られていたという、1700年の歴史ある静岡の温泉です。
 静岡市を流れる安倍川の源流域、標高約1000メートル、東海道新幹線・在来線の静岡駅から道のりにして45キロメートルの梅ヶ島の最奥に、12軒の旅館・民宿などが集まり温泉街を営んでいます。
 「濃い温泉」と呼ばれるのは、山々に囲まれた秘境の地で、どこよりも濃い温泉体験ができる温泉地であるということで、梅ヶ島温泉を訪れるお客様から度々いただくご感想でもあります。

「梅ヶ島温泉郷」の中の「梅ヶ島温泉」とは?

梅ヶ島温泉郷マップ
環境省により国民保養温泉地に指定された「梅ヶ島温泉郷」には、4つの温泉地が含まれ、それぞれに歴史や源泉が異なります。

梅ヶ島温泉 =当サイト

【泉質】アルカリ単純硫黄泉
【標高】約950m
【静岡駅から】約45km
梅薫楼(温泉ホテル)
梅の家(温泉旅館)
さつき苑(温泉旅館)
湯元屋(日帰り温泉と食事処)
清香旅館(温泉旅館)
泉屋旅館(温泉旅館)
いちかわ(温泉旅館)
湯の島館(温泉旅館)
力休(温泉民宿)
よしとみ荘(温泉旅館)
湯の華(温泉民宿)
さかや(予約制日帰り温泉)

梅ヶ島新田温泉

【泉質】ナトリウム炭酸水素塩泉
【標高】約750m
【静岡駅から】約42km
黄金の湯(日帰り温泉と食事処)
ペンションくさぎ里(温泉民宿)

梅ヶ島金山温泉

【泉質】ナトリウム炭酸水素塩泉
【標高】約750m
【静岡駅から】約42km
金山温泉(温泉浴場とログハウス)

梅ヶ島コンヤ温泉

【泉質】アルカリ単純硫黄泉
【標高】約600m
【静岡駅から】約39km
大野木荘(温泉民宿)
志むら(温泉民宿)
こんや銘酒館(温泉民宿)

2018年8月10日金曜日

世界農業遺産「静岡水わさびの伝統栽培」

静岡市の秘境の温泉、濃い温泉の梅ヶ島温泉です。



「静岡水わさびの伝統栽培」は、2018年3月9日にイタリアのローマで開かれた国連食糧農業機関(FAO)の会合で、正式に世界農業遺産に認定されています。

静岡県内では、わさび栽培発祥の地である有東木うとうぎ(梅ヶ島と同じ安倍川上流域で梅ヶ島より少し南側)や、その有東木から伝わって行った伊豆が有名ですが、ここ静岡市葵区の梅ヶ島も新田地区などで最高品質のわさびが栽培されています。

また、清水区の両河内地区などでも栽培されていて、最近では海を渡ってイギリスでも栽培しているそうです。

世界が「わさび大好き!」になりつつあるんでしょうね。

わさびには抗菌作用・血栓予防・アンチエイジングなどなど、とても優れた効果があるそうですが、新鮮なわさびのおろしたては何といっても最高です。

* * *

有東木には「わさび栽培発祥の地記念碑」があって、その建立について次のような碑文が添えられています。

 山葵栽培は今から遡ること約四百年の昔、慶長年間に有東木沢の源流である。「山葵山」に自生していたものをある時、村人が採集して村内の井戸頭という湧水池に栽培したところ、これが敵地であり生長繁殖した。そこで村人達がこぞって栽培を試み、やがて栽培法は各地に広められたので、ここ有東木を「山葵栽培発祥の地」と言う。
 慶長十二年七月(一六〇七)駿府城に入城した大御所徳川家康公に山葵を献上したところその珍味の程に天下の逸品と嘉賞し、ついに有東木から門外不出の御法度品とした。また徳川家の家紋が葵の紋であったことから、ことさら珍重したと言われている。
(後略、以上碑文より)

別の説では、奈良県明日香村から出土した木簡にあった記述から、飛鳥時代にはすでに栽培されていた可能性もあるとのことですが、それが今のようなわさびだったのかどうか定かではありません。

やっぱり一番確かなのは、ここ安倍川の上流域から始まったのがわさび栽培の歴史だといっていいんじゃないでしょうか。

2018年8月7日火曜日

源泉に触れることもできます。

静岡市の秘境の温泉、濃い温泉の梅ヶ島温泉です。



梅ヶ島温泉おゆのふるさと公園の山は、梅ヶ島温泉の貴重な温泉が湧き出している源泉です。

そのひとつで、一番目立っているのが、この岩風呂です。

保健衛生上、施錠されていて、中に入ることはできませんが、閉まった扉の外にその源泉のお湯が少しだけ溢れているので、ちょっと触ってみることができます。

ほのかな硫黄の香りとともに、梅ヶ島温泉の温泉地情緒を味わってみてくださいね。

2018年8月6日月曜日

ウメガシマテンナンショウのアップ

静岡市の秘境の温泉、濃い温泉の梅ヶ島温泉です。


ウメガシマテンナンショウ
梅ヶ島の固有種、ウメガシマテンナンショウのアップを撮りました。

このブドウみたいな未がだんだん赤くなってきます。毒なので食べられません。

2018年8月3日金曜日

8月のアジサイ

静岡市の秘境の温泉、濃い温泉の梅ヶ島温泉です。


標高約1,000メートルのここ梅ヶ島温泉では、8月になってもまだアジサイが咲いていたりしますよ。

梅ヶ島温泉に住んでいると、暑い日は暑いなあと感じるんですが、実際には市街地よりも5度〜8度ぐらい気温が低くて涼しいようです。

静岡市中心市街地から車で約1時間、とってもお手軽な避暑地としても、是非ご利用くださいね。

1泊2食お1人様(2名様以上ご宿泊)8,000円ぐらいから18,000円ぐらいまで、ご希望のお宿をご案内しています。

2018年8月1日水曜日

市街地が猛暑の日でも梅ヶ島温泉はとても涼しく

静岡市の秘境の温泉、濃い温泉の梅ヶ島温泉です。



 梅ヶ島温泉近くの河原に来て涼んでいるところです。

 きょう日中の気温ですが、海に近い市街地では34度以上でしたが、標高約1,000メートルのここ梅ヶ島温泉では27度ぐらいでした。

 あまり正確に比較することはできませんでしたが、おそらく少なくとも5度以上、あるいは8度ぐらいの気温差があるようです。

 風が吹いても熱風で全然涼しくない市街地に疲れたら、いつでも涼しい梅ヶ島温泉においでください。旅館・民宿が10軒ある別天地の温泉街です。

 お泊りになるとわかりますが、夜はエアコンなしでも布団をかけたくなる涼しさですよ!

2018年7月27日金曜日

イワタバコの花

静岡市の秘境の温泉、濃い温泉の梅ヶ島温泉です。






小さな花ですが、これも梅ヶ島で夏に咲く花、イワタバコです。

湿った岸壁に咲いて葉っぱがタバコの葉に似ているから「岩タバコ」というんだそうですが、そういわれても、タバコの葉っぱって、刻んで詰めたものしか見たことないので似ているのかどうかわかりません・・・

2018年7月23日月曜日

ウメガシマテンナンショウ

静岡市の秘境の温泉、濃い温泉の梅ヶ島温泉です。


「テンナンショウ」というテンナンショウ属の植物があって、「マムシグサ」とか「ユキモチソウ」とかの仲間なんだそうですが、写真は「梅ヶ島」の名前がついた「ウメガシマテンナンショウ」というものだそうで、撮ったのは5月です。

調べてみた限りでは、主に分布しているのは中国地方なんだとか。(!?)

中国地方にも「梅ヶ島」という地名があるのかなと思ってしまうところですが、どうやらやはり「ウメガシマテンナンショウ」の「ウメガシマ」は、静岡市のここ梅ヶ島のことなんだそうです。先に発見されたのが梅ヶ島だったということでしょうね。

「ウメガシマ」の名前がつく植物といえば、ウメガシマイワシャジンがよく知られていますね。

2018年7月17日火曜日

大看板。写真で電柱と電線を消してみると…

静岡市の秘境の温泉、濃い温泉の梅ヶ島温泉です。

Before

After

牛妻の『安倍ごころ』のちょっと北にある「濃い温泉。梅ヶ島温泉」の大看板です。

今回は、Photoshopで「電柱を消してみる」に挑戦してみました!

電柱、電線は、私たちの生活を支えてくれるとても大切なものですから、勝手に消したりしてはいけないと思いますが、写真だけということでお赦しくださいね!

2018年7月16日月曜日

『濃い金運キャンペーン』にご応募ください。

静岡市の秘境の温泉、濃い温泉の梅ヶ島温泉です。

4月から11月いっぱいまでご応募できます!

金運ボールペンは応募者全員にプレゼント!
抽選で純金20グラムも当たります。


安倍の大滝へ歩いて行く遊歩道の新しい橋(遊歩道入口から3番めの橋)が、倒木のため通れなくなっていて心配されましたが、現在はまた通れるようになりました。

暑い季節の安倍の大滝は、すごい水しぶきで超気持ちいいですよ!

梅ヶ島温泉にお泊りなどで5千円以上ご利用の方が、安倍の大滝へ行かれますと【濃い金運キャンペーン】にご応募いただけます。

もれなく「金運ボールペン」を差し上げ、12月の抽選会で当選された方1名様に、純金20グラムを差し上げます。

純金贈呈式には、梅ヶ島温泉にペアで宿泊ご招待しますので、二度も三度も、うれしいことがいっぱいです!

2018年7月11日水曜日

安倍の大滝へ行けるようになりました。

静岡市の秘境の温泉、濃い温泉の梅ヶ島温泉です。

新しい橋に倒木があって通れなくなっていた安倍の大滝遊歩道ですが、きょうから通行できるようになりました。

『 安倍の大滝へ行こう! 濃い金運キャンペーン 』やってます。

安倍峠への林道が通行止めになりました。

静岡市の秘境の温泉、濃い温泉の梅ヶ島温泉です。

安倍峠への林道で土砂崩れがあり、現在通行止めとなっています。

車で安倍峠へと計画されていたお客さまはご注意ください。

2018年7月9日月曜日

夏のお客さま、ミヤマクワガタ

静岡市の秘境の温泉、濃い温泉の梅ヶ島温泉です。




夏のお客さま、ミヤマクワガタさんです。

比較的低地に見られるノコギリクワガタよりも大きくて、梅ヶ島温泉のような標高の高いところの、自然のままの山に見られるそうですが、昔に比べるとやはり数が少なくなっているといわれてます。

力も強くて生命力もありそうに見えますが、成虫は越冬しないで死んでしまうんだとか。

精一杯生きて、たまにはこうして温泉街にも遊びにきてほしいですね。

2018年7月7日土曜日

川と道路の情報です。

記録的な豪雨により亡くなられた方、安否がまだわからない方など、日本各地で甚大な災害に見舞われています。ご不自由をされている皆様へお見舞い申し上げます。



梅ヶ島温泉を流れる源流域の安倍川は、水量は多いですが、水も澄んでいます。
道路にも影響はなく、安全においでいただくことができます。

通れなくなっていた安倍の大滝の遊歩道、第三橋ですが、すでに倒木の撤去は終わっていて、橋の最終チェックを待つばかりになっています。来週中には復旧するのではないかと言われています。

また、通れない期間中でも、「安倍の大滝へ行こう! 濃い金運キャンペーン」は継続中です。お泊りのお客様には応募していただくことができるよう、各旅館・民宿では柔軟に対応させていただいています。

とってもきれいなアジサイも、まだまだ楽しめます。

2018年7月6日金曜日

各地で大雨。

静岡市の秘境の温泉、濃い温泉の梅ヶ島温泉です。


全国各地で大雨のようですが、幸いこちら静岡市梅ヶ島温泉では記録的な豪雨ということもないようです。曇っていて、一時的には大雨も降っていますので、川の水は写真(きょう)のように増えていますが、半世紀前大水で大きな被害が出て以来、砂防ダム(下の写真が梅ヶ島温泉にある湯の島砂防ダム)が建設されるなど、おかげさまで治水工事もされています。



2018年7月2日月曜日

涼しい梅ヶ島温泉の草刈り活動

静岡市の秘境の温泉、濃い温泉の梅ヶ島温泉です。





きょうは梅ヶ島温泉観光組合で草刈りを行ないました。

梅ヶ島温泉まで来たら道路がすっきりしてきれいだね!と、皆さんに言っていただけるようになったと思います。

関東甲信地方では6月29日ごろ、平年よりもなんと22日も早い梅雨明けが発表されましたが、静岡市を「東海地方」とすると梅ヶ島はまだということになります。

でも、梅ヶ島は昔から甲州との関わりの深い地域でもあり、静岡市の市街地からずっと北で標高も高いですから、山梨県で梅雨明けだったら、梅ヶ島も梅雨明けしたのかもしれません。

きょうのお昼ごろ、梅ヶ島温泉の気温は27度ぐらいでした。同じ時間に静岡市の市街地では30度以上になっていたようですから、梅ヶ島温泉は4度から5度ぐらい涼しいようでした。

暑くなったなぁ〜!と感じたら、梅ヶ島温泉にお泊りにおいでください。

川や沢を流れる清流と、山々を渡る風、そして濃い温泉を、たっぷりご堪能くださいね。