梅ヶ島温泉の公式サイトへようこそ。

 「梅ヶ島温泉郷」を代表する梅ヶ島温泉は、古墳時代の応神天皇(3世紀〜4世紀)にもその存在が知られていたという、1700年の歴史ある静岡の温泉です。
 静岡市を流れる安倍川の源流域、標高約1000メートル、東海道新幹線・在来線の静岡駅から道のりにして45キロメートルの梅ヶ島の最奥に、12軒の旅館・民宿などが集まり温泉街を営んでいます。
 「濃い温泉」と呼ばれるのは、山々に囲まれた秘境の地で、どこよりも濃い温泉体験ができる温泉地であるということで、梅ヶ島温泉を訪れるお客様から度々いただくご感想でもあります。

「梅ヶ島温泉郷」の中の「梅ヶ島温泉」とは?

梅ヶ島温泉郷マップ
環境省により国民保養温泉地に指定された「梅ヶ島温泉郷」には、4つの温泉地が含まれ、それぞれに歴史や源泉が異なります。

梅ヶ島温泉 =当サイト

【泉質】アルカリ単純硫黄泉
【標高】約950m
【静岡駅から】約45km
梅薫楼(温泉ホテル)
梅の家(温泉旅館)
さつき苑(温泉旅館)
湯元屋(日帰り温泉と食事処)
清香旅館(温泉旅館)
泉屋旅館(温泉旅館)
いちかわ(温泉旅館)
湯の島館(温泉旅館)
力休(温泉民宿)
よしとみ荘(温泉旅館)
湯の華(温泉民宿)
さかや(予約制日帰り温泉)

梅ヶ島新田温泉

【泉質】ナトリウム炭酸水素塩泉
【標高】約750m
【静岡駅から】約42km
黄金の湯(日帰り温泉と食事処)
ペンションくさぎ里(温泉民宿)

梅ヶ島金山温泉

【泉質】ナトリウム炭酸水素塩泉
【標高】約750m
【静岡駅から】約42km
金山温泉(温泉浴場とログハウス)

梅ヶ島コンヤ温泉

【泉質】アルカリ単純硫黄泉
【標高】約600m
【静岡駅から】約39km
大野木荘(温泉民宿)
志むら(温泉民宿)
こんや銘酒館(温泉民宿)

2019年1月21日月曜日

安倍の大滝2019年1月(その4)

静岡市の秘境の温泉、濃い温泉の梅ヶ島温泉です。




沢を渡るところには、橋がついていて、安心して渡ることができますが、一部、橋のないところもあります。

今回は水が少ないタイミングでしたから、楽に渡ることができましたが、橋のない小さな沢でも水がそこそこに流れていることもありますので、気をつけて渡ってくださいね。



安倍の大滝が見えました。ここまで来たらもうすぐそこです。


着きました!


今年は1月も下旬だというのに、まだあまり氷がありません。
滝の両脇が少し氷っているかな、という程度でした。
今年はまだ雪も積もっていません。

雪が積もっている時ですと、遊歩道の路面が凍結していることもあります。
特に坂になっている箇所などは危険です。

氷った路面を踏んで転倒したり、転落したりしないよう、十分に注意してください。

もし氷っていて危険だなと感じたら、いさぎよく引き返してください。
記事のカテゴリー ,

2019年1月20日日曜日

安倍の大滝2019年1月(その3)

静岡市の秘境の温泉、濃い温泉の梅ヶ島温泉です。


安倍の大滝遊歩道(ハイキングコース)の入り口となる橋です。
普通の吊橋よりもがっしりとできているので、ほとんど揺れません。


次の橋が普通の吊橋で、この吊橋を渡ると、急な登り道が続きます。


登り口のあたりには、杖になる木の棒が置いてありますので、気に入ったものを使うことができます。




急勾配を登りきれば、あとは大体こんな感じで、きつくないゆるやかな道が続きます。

安倍の大滝までの片道1.2kmを45分から50分ぐらいかけて歩いて行きます。
記事のカテゴリー ,

2019年1月19日土曜日

安倍の大滝2019年1月(その2)

静岡市の秘境の温泉、濃い温泉の梅ヶ島温泉です。




昨日に引き続き、安倍の大滝のご案内です。

安倍の大滝は、梅ヶ島温泉の温泉街から遊歩道(安倍の大滝ハイキングコース)で片道1.2km。所要時間は片道45分ぐらいです。

安倍の大滝は日本の滝百選にも選ばれていて、ここ静岡県では、この安倍の大滝の他に、白糸の滝(世界文化遺産富士山)と浄蓮の滝(伊豆)を加えて3つの滝が選ばれています。

安倍の大滝への遊歩道の入り口は、梅ヶ島温泉の民宿湯の華、旅館よしとみ荘のあるバス停「安倍の大滝入り口」のあたりにあります。

梅ヶ島温泉街のバス停は、静岡駅側から来て「安倍の大滝入り口」、「梅ヶ島温泉入り口」、そして終点「梅ヶ島温泉」の3つですが、各バス停間は徒歩で5分程度と近いので、お車で来られた際には、梅ヶ島温泉の公共駐車場(「梅ヶ島温泉入り口」バス停と「梅ヶ島温泉」バス停の間、川沿いをちょっと上ったところ)に車を駐めても行くことができます。
記事のカテゴリー ,

2019年1月18日金曜日

安倍の大滝2019年1月(その1)

静岡市の秘境の温泉、濃い温泉の梅ヶ島温泉です。


冬の間は両脇が氷ってくる安倍の大滝ですが、これはきょうの様子です。

遊歩道の路面にも凍結したところはなく、とても歩きやすい中を行ってきました。

このところ、雨も少なく、この冬は雪も積もっていません。きょうの梅ヶ島温泉街の気温は、正午ごろで5度ぐらいだったでしょうか。

安倍の大滝は、水量が少ないため、飛沫に濡れることもなく、また、滝の両脇の氷もまだほんの少しというところでした。

明日も、安倍の大滝遊歩道のことなど、ご案内する予定です。
記事のカテゴリー ,

2019年1月15日火曜日

日本平夢テラス(市内観光)

静岡市の秘境の温泉、濃い温泉の梅ヶ島温泉です。


静岡市の日本平に、新しく「夢テラス」という展望回廊ができました。

日本平から望む、富士山、駿河湾、三保松原の半島の景色は、「浄土式庭園」(お寺の本堂=富士山、池=駿河湾、池の中の島=三保)が雄大な自然の中に展開する、 “現実の極楽の景色” であるとして、古くからきわめて尊いものとされてきました。

今までも展望台はあったんですが、昨年11月にこの施設がオープンして、極楽の景色がいっそう身近になったようです。

2019年1月8日火曜日

冬のドライブ

静岡市の秘境の温泉、濃い温泉の梅ヶ島温泉です。

今のところ道路には雪もなく、ノーマルタイヤで大丈夫ですが、日陰のところなどで路面が凍結していることもありますので、十分に注意して運転してください。

雪が降ったときは、スタッドレスタイヤやチェーンが必要になることもあります。

いつもは午前中(朝のうち)に除雪されてす通れるようになることが多いですが、大雪で雪の積もる範囲が下の方まで広くなると、一日かかることもまれにはあります。

除雪されたあと

除雪される前

2019年1月2日水曜日

あけましておめでとうございます。


あけましておめでとうございます。
皆さま方が、ますますお元気でお幸せであられますよう
梅ヶ島温泉観光組合一同、心からお祈り申し上げます。
本年も梅ヶ島温泉をよろしくお願いいたします!

2018年12月29日土曜日

梅ヶ島温泉の温泉湯滝ライトアップ!

静岡市の秘境の温泉、濃い温泉の梅ヶ島温泉です。


夜の温泉湯滝がライトアップされるようになりました!

梅ヶ島温泉おゆのふるさと公園、午後5時ごろに撮りました。

紅葉シーズンには赤水の滝がライトアップされましたが、おゆのふるさと梅ヶ島温泉の湯滝もとても幻想的で美しいですよ。

2018年12月26日水曜日

湯之神社の清掃

静岡市の秘境の温泉、濃い温泉の梅ヶ島温泉です。



きょうは梅ヶ島温泉湯之神社の清掃を行ないました。
今年は鳥居が新しくなり、扁額もついて、ご覧のようにピカピカです。

新年も一層良い年であるようにと祈願し、皆さんの初詣もお待ちします。

大きな神社への初詣も良いものですが、梅ヶ島温泉湯之神社の初詣なら、温泉に入れるお泊りつきですよ!

2018年12月25日火曜日

幻想的な景色

静岡市の秘境の温泉、濃い温泉の梅ヶ島温泉です。


ちょっとお天気が悪くなったときなど、立ち込める雲が山々を幻想的な雰囲気にしてくれます。

スイスのマローヤ峠というところには、イタリアの方から巨大な蛇のような雲が身をくねらせてやって来るという「マローヤの蛇」という美しい現象があるそうです。フランス・ドイツ・スイスの合作映画『アクトレス ~女たちの舞台~』(2014年 ジュリエット・ビノシュ、クリスティン・スチュワート、クロエ・グレース・モレッツなどが出演)で知りました。

梅ヶ島も風景の美しさでは負けてはいませんね。

2018年12月22日土曜日

カモシカくんがお出迎え。

静岡市の秘境の温泉、濃い温泉の梅ヶ島温泉です。


梅ヶ島温泉街に入る湯の島橋の北側で、小柄なカモシカくんがお客様のお出迎えをしていました。

近くに車を停めて撮りました。

全然逃げません。


気にせず草をムシャムシャ食べてましたよ。

2018年12月19日水曜日

自然の山と茶畑

静岡市の秘境の温泉、濃い温泉の梅ヶ島温泉です。


梅ヶ島は自然のままの山々に囲まれていますが、県道からちょっと横道に入ってみると、茶畑がたくさんあって、わさび田もあり、しいたけ栽培や野菜の栽培も盛んです。

コンヤ温泉の方から山を登って行った東峰の「日本一高い茶畑」をご紹介したこともありましたね。

道が狭かったりしますが、「ちょっと横道」もいいですよ。梅ヶ島のいろんな景色を楽しめると思います。

2018年12月16日日曜日

梅ヶ島温泉には3つのバス停

静岡市の秘境の温泉、濃い温泉の梅ヶ島温泉です。


静岡駅から1日に5本ほどが運行されている梅ヶ島温泉行きのバスは、梅薫楼前が終点ターミナルになっていますが、梅ヶ島温泉には3つのバス停があります。

南側から「安倍の大滝入り口」、「梅ヶ島温泉入り口」(写真)、そして終点「梅ヶ島温泉」です。この3つのバス停は、間の距離がとても近いので、3つのどこで降りても梅ヶ島温泉です。

バスのご案内をすると、「たった5本しかないの!?」と驚かれる方もいますが、駅から片道運賃1,600円で約2時間もかけて梅ヶ島温泉に上ってきてくれるバスがあることは、本当にありがたいことだと感謝しています。

2018年12月15日土曜日

濃い金運キャンペーン純金贈呈式!

静岡市の秘境の温泉、濃い温泉の梅ヶ島温泉です。



「梅ヶ島温泉に泊まって安倍の大滝の写真を撮ってこよう!」ということで、2018年の『濃い金運キャンペーン』が4月から11月を募集期間に開催され、みごと1等に当選されました、名古屋市の木村さんご夫妻です。(写真右のお二方)

おめでとうございます〜!

きょうはご夫妻がキャンペーンに応募してくださった泉屋旅館で、梅ヶ島温泉観光組合秋山組合長と泉屋の女将より、賞品となった純金を贈呈させていただきました。

8か月のキャンペーン期間にはたくさんのご応募をいただき、本当にありがとうございました。

飛鳥時代にはすでに金の産地として知られていたという梅ヶ島は、武田信玄公や徳川家康公の金運アップにも大きく貢献してきた “金運の里” ともいえる秘境です。

これからも梅ヶ島温泉においでのすべての皆さまには、千七百年の秘湯、梅ヶ島温泉で、身も心も暖かく、さらにお懐も暖かくしてくださいますよう、皆さまのますますの金運を祈念いたします。

2018年12月14日金曜日

湯之神社や温泉湯滝がよく見える季節

静岡市の秘境の温泉、濃い温泉の梅ヶ島温泉です。


温泉街を流れる安倍川の源流は三河内川(みごうちがわ)ともいいますが、その対岸にあるのがおゆのふるさと公演で、その山が梅ヶ島温泉の源泉です。

紅葉が散って、中腹の湯之神社や温泉湯滝がよく見える季節になりましたよ。

湯之神社の裏手にある源泉の穴風呂にも是非訪れてみてください。きれいになったガラスの扉で中はよく見えませんが、温泉が溢れていて硫黄のほのかな香りがしますよ。